うちの子が大好きな「鶏とごぼうとニンジンの混ぜご飯」

たいていの子どもはご飯に味がついていると喜んで食べますよね。うちの子もチャーハンにしても炊き込みご飯にしても味がついているものはみんな大好きです。この鶏とごぼうとニンジンの混ぜご飯も大好きな一品で,食べ過ぎちゃうくらいです。一度に大量に具材を作って冷蔵庫にしまっておけば,帰りが遅くなるときなどに混ぜるだけでサッと子どもが喜ぶ夕飯ができるのでとっても便利ですよ。お肉も野菜も入っていてバランスのいいメニューでもあり余す。
調理時間は煮込む時間10分位を入れて30分くらいかな?

<使った材料(ごはん5合分くらい)>

  • 鶏ムネ肉 1枚約300 g
  • ごぼう 1本 約200 g
  • にんじん 大1本 約 250 g
  • 油揚 2枚
  • しょうゆ 約100 cc
  • 白だし 約50 cc
  • みりん 約50 cc
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 小さじ1/2

<作り方>

1.ごぼうの皮をピーラーで剥いて,厚さ1~2 mmの輪切りにします。輪切りに下ごぼうは水をはったボウルに5分くらい入れてアクを抜きます。
※ いつもはさきがきにするのですが,今回は時間がなかったので,輪切りにしました。

2.鶏ムネ肉の余分な皮を取り,1cm角くらいの大きさに切ります。

3.ニンジンをののじサラダおろし器の粗めで千本切りにします。

4.ごぼうをざるにあげて水を切ります。

5.1の鶏肉,3のニンジン,5のごぼうを鍋に入れて,全体がひたひたになるくらいまで水を入れます。さらに,しょうゆ約100 cc,白だし約50 cc,みりん約50 cc,砂糖大さじ1,塩小さじ1/2(調味料全部)を加えてIHクッキングヒーターの火力「5」中火で加熱します。

6.油揚を短冊切りにします。

7.沸騰して少し煮詰まってきたら油揚を入れます。

8.煮詰まって,汁が少なくなってきたら加熱を止めます。

9.混ぜご飯にする必要分量をボウルに取り,混ぜご飯の具材をのせたらよく混ぜ合わせてできあがりです。
※ 全量混ぜご飯にするときは,お釜に具材を入れます。
※ 味を見ながら,具材の量を調節してください。

この料理で時間がかかるのは,ごぼうを切るところと,鶏肉を切るところでしょうか?ごぼうはささがきを輪切りにしたことで,切る時間が3分くらいになったと思いますが,これ以上短くするのは・・・難しいかな?鶏肉の方は,少し高くつきますが,コマ肉を買ってくるとグッと時短になります。ちなにみ,油揚ですが,カットしてあるものを大袋で買ってきて冷凍してあるので,今回もそれを使って手間を省きました。その辺で楽をすると,本当に簡単に作れて,子どもが喜んでくれる料理になりますね。

骨まで食べる「サンマの煮付け」

サンマの季節です。この時期は消費期限が近くなって値下げされたサンマの切り身をたまに見かけます。調理する余裕があるときは,買ってきて「サンマに煮付け」を作ります。とろ火で時間をかけて甘露煮になるくらいまで煮込むと,骨までたべられるようになります。味付けが濃いので冷蔵庫で保存して1週間くらい食べています。お弁当のおかずにもしちゃいます。
調理時間は煮込む時間を入れると3,4時間かな?煮込む時間を入れなければ10分くらいでしょうか?

<使った材料>

  • サンマの切り身(2尾分)
  • しょうゆ 約200 cc
  • みりん 約100 cc
  • 砂糖 大さじ5
  • おろし生姜 約小さじ1(いつもはショウガをスライスして使っていますが,今回は忙しかったのでチューブ入りのおろし生姜にしました)

<作り方>

1.鍋に水約400 cc,しょうゆ約200 cc,みりん約100 cc,砂糖大さじ5を入れIHクッキングヒーターの火加減「5」中火で加熱します。

2.さんまを水で軽く洗ってキッチンペーパーで拭いて鍋に入れます。

3.沸騰したら,キッチンペーパーをかけて,火力「1」で1時間煮ます。

4.1時間したら,火力を一番弱い「弱」にして2時間煮込みます。火が止まったらそのまま一晩おいてできあがりです。

5.保存容器に入れて冷蔵庫に入れます。

この煮付けは,とっても簡単なる料理ですね。なので今回も時短のコツとかはありません。
ところで,今回はもう少し煮込んだものを作りたかったのですが,煮込み時間が足りなかったようです。というのも,だいたい,「弱」で2時間セットしたら寝てしまうので,途中の確認や仕上がりをサボっているからです。これもある意味時短ですかね。最後まで眼をかけて作ればもっとおいしくできると思います。

ところで,子どもに出す食材には気を遣いませんか?今でこそ子どももだいぶ大きくなったのでそれほどでもなくなりましたが,小さい頃は無添加のものや有機野菜にずいぶんこだわりました。昔のotosanと同じように,子どもの食材に気を遣っている人は「らでぃっしゅぼーや」はいかがでしょうか?昔知っていたらなあと思っています。お試しセットがあるので,ものは試しに今度注文してみようと思っています。

今すぐお得に美味しい有機野菜や無添加食品を味見♪

おやつや夜食に「煮りんご」

りんごの季節になりました。うちの子どもたちは,りんごが大好きでいろいろな食べ方でいただいています。もちろん,そのまま皮をむいて食べるのが一番多いんですけれども・・・。そんな食べ方の中でもこの「煮りんご」もとっても喜んでくれるものの1つです。普通に売っているものを煮りんごにするのはもったいないので,安く手に入ったときに作ります。今回は,特売ワゴンの中に2個で税抜き47円のりんごがあったので,早速今シーズン1回目の煮りんごにしました。
たくさん作って冷蔵庫にしまっておいて,おやつや夜食に出すことにします。
調理時間は煮込みの時間も入れて30分くらいかな?

<使った材料>

  • りんご 3個
  • 砂糖 大さじ3

<作り方>

1.りんごの皮をむいて,芯を取り,8等分します。

2.大きい鍋に入れて,りんごがすっかり水の中に入るくらいまで水を加えます。砂糖大さじ3も加えます。

3.IHクッキングヒーターの火加減「5」で加熱します。沸騰したら火加減を「2」にして,さらに20分煮込みます。

4.冷めたら保存容器に移し替えて冷蔵庫に入れます。

煮込む時間が長いので,調理時間自体はかかりますが,実際に手がかかるのはりんごをむく時間だけと言っていいくらい簡単です。電子レンジで作る方法もありま,そっちの方が時短とは思いますが,なぜかotosanはこちらの方が好みなので,なべて煮て作ります。
これからは,りんごが特売ワゴンに並ぶことも増えますので,煮りんごの機会も多くなります。

チャコールバターコーヒー