ついにできた!おうちで「石焼き芋」

焼き芋屋さんで売っているような甘くてしっとりとおいしい石焼き芋をおうちで作りたい!だってやっぱり売っている焼き芋の方が絶対おいしい!長い間,いろいろとチャレンジしてきました。そしてついに・・・。

最後の注意書きも読んでくださいね。

チャレンジその1.電子レンジで加熱する

昔,父からサツマイモをラップで来るんでから電子レンジでチンすれば簡単に焼き芋になるぞ。簡単に食べたいときはそうしているんだ。と教わりました。ちなみに父の家では昔ながらの石油ストーブを使っているので,時間があるときはその天板で焼いて食べています。すぐ食べたいときの手段に使っているようです。


そこで真似して作って食べていました。
でもやっぱりお店の焼き芋の方が全然おいしい。芋が違うのかな?石がないとおいしく焼けないのかな?うちでは,レンチンで我慢するしかないと思っていました。

チャレンジ2 アルミホイルにくるんで,鍋で加熱する。

テレビか何かで,石焼き芋がおいしいのは石の遠赤外線効果で70℃位の温度でじっくり加熱するからだと説明しているのを聞きました。

なるほど,それなら鍋に入れて弱火で加熱したらできるんじゃないかな?と考えてチャレンジ。サツマイモをアルミホイルで来るんで鍋に入れ,ふたをして弱火で加熱してみました。

結果は,残念ながら(当然?)上手くいきませんでした。上の面までなかなか火が通らないのです。そのままにしておくと鍋に接しているサツマイモの下の面が焦げてしまいます。そこでときどきひっくり返しながら焼くのですが,手間はかかるしなかなか焼けない。

これならレンチンの方が手間がかからないだけいい!。鍋もなかなかとれない焦げ目がついてしまいました。

チャレンジ3 「魚焼きの達人」で焼く

魚を焼くときに使う「魚焼きの達人」という石?が市販されています。これを使って焼くと魚がおいしく焼けます(ただ,otosanは使った後の手間とかが面倒くさくなり,今ではグリル自体使わなくなっています)。


しばらく忘れていた「魚焼きの達人」。でもこの間,そうだ,これを使ったらおいしい石焼き芋ができるんじゃないか?とひらめいたのです。そこで早速買ってきました。

しかし,そのまま魚焼きの達人を使うと焼き芋に魚焼きの達人の石の粉がついてしまうのが気になります。そこで,アルミホイルに魚焼きの達人の石を少しずアルミホイルに包んで,小石のようにしてしまおう,と考えました。これを鍋につめて,その間にサツマイモを入れて焼く。そうすればこの魚焼きの達人の石入りホイルはくり返し使えて便利。というわけです。セコいなぁ。

ちなみにこの「魚焼きの達人」は国産天然ゼオライト100%と書いてあります。ゼオライトはアルミノケイ酸塩の1種で沸石と呼ばれるそうです。イオン交換材料や吸着材料,触媒などとして利用されるもののようです。「魚焼きの達人」のパッケージには,遠赤外線効果で魚がおいしく焼けると書いてあります。

ところで,アルミホイルで包むと考えたものの,袋に入っている600 g分全部作るのは結構大変で20分くらいかかってしまいました。でも次からも使えると自分を励ましながら作り終えました。アルミホイルは15cmほど引き出してカットし二つ折りしてから魚焼きの達人の石を30 gくらいのせてから包みました。

魚焼きの達人の石入りホイルが20個位できたので,その半分くらいを大きめの鍋に敷き詰めてからサツマイモを入れ,サツマイモの周りや上に残った魚焼きの達人の石入りホイルを置きました。

この上にサツマイモを置いて・・・
周りと上にも石入りホイルを置きました

さて,IHクッキングヒーターの火加減「3」弱火で加熱。とりあえず1時間でセットしました。初めてなので,ときどき温度計で鍋の中の温度を測り30分くらいしたら7~80℃くらいになったので,火加減を「2」にしました。爪楊枝を刺してみたところ,まだ表面も固かったので,加熱時間を20分延長しました。


加熱終了後,爪楊枝を刺したところスッと中まで通りました。よし。ちょっと外出する用事があったのでそのまま1時間くらいおいてしまいました。

比べてみないと違いが分からないので,いっしょに買ったサツマイモの1本をラップにくるんで電子レンジでチンしたものも用意しました。

魚焼きの達人での石焼き芋
レンチンの焼き芋:上と見た目も違いますね

さて,いよいよおまちかねの試食です。
まずは,「魚焼きの達人の石」で作った石焼き芋から一口いたただきました。

うん,しっとりほくほくおいしい。

では,と電子レンジの焼き芋をらいただきました。

うわっ。全然ちがう。ぱさぱさして甘くない。

これほど歴然とした差がでるとはびっくり。予想以上の違いです。
一緒に試食した妻は先にレンチンの方を食べたのですが,その後「魚焼きの達人の石」焼き芋を食べると「これは焼き芋だー」と喜んでいました。

参考 その他のおいしい「焼き芋」の作り方あれこれ

1.電子レンジでつくる

サツマイモを洗ったら,ぬれたままキッチンペーパーでくるみ,さらにラップでくるむ。電子レンジ「強」で(中サイズの場合)1分30秒程度加熱。その後,「弱」にして10分程度加熱。こうすることで70℃でじっくり加熱できるようです。簡単ですね。どのくらい違うのかそのうち試してみたいです。

2.オーブンで焼く

サツマイモを洗ったらアルミホイルでつつみ,オーブン(160℃)で60分焼く。
この方法も電子レンジのオーブン機能で試してみたいと思います。

3.オーブントースターで焼く

サツマイモを洗ったら,そのままオーブントースターで60分焼く。
この方法はオーブントースターがないので試せません。

4.焼き芋メーカーを使う

調べてみたら,こんな調理器具があるんですね。レビューを読んでみましたがおいしく焼けるようです。

今回のまとめ

「魚焼きの達人」を使うことで,目標としていた甘くてしっとりおいしい「石焼き芋」を作ることに成功しました。今回使ったサツマイモの品種はベニアズマですが,次は安納芋で挑戦します。焼き芋は安納芋ですよね。
調べてみたら他にもいろいろな方法がありました。チャレンジできるものは試してみて一番おいしくいただける方法を探してみようと思います。

注意:今回使った「魚焼きの達人」のパッケージの注意書きには,空だきをしないようにと書いてあります。今回紹介した方法は,本来の用途から外れていますので,絶対真似をなさらないでください。

現金がドコモ口座に貯まる、お得なオンラインモール

>

オイシックス「お試しセット」のサツマイモで作りました「サツマイモご飯」(食材宅配レポート編4)

少し間が開きましたが,オイシックスの送料無料お試しセット(1980円)で届いたサツマイモで炊き込みご飯を作ったのでレシピと食べレポを掲載します。こだわりの野菜。そのお味やいかに?というところですが,確かにおいしい。でも,サツマイモが格別であったかというと?炊き込みご飯はサツマイモを味わうにはあまり適切なメニューではなかったですね。シンプルにふかし芋か,芋煮辺りの方がよかった。ただ,同梱されていたレシピにはサツマイモの炊き込みご飯が載っていたので,素直にそれにしてしまいました。載っていたレシピはサツマイモだけでしたが,秋の味覚ということで,シメジも加えた炊き込みご飯にしました。
調理時間は,炊飯の時間を除けば10分くらいかな?

<使った材料>
※ 4人分ならブナシメジを除いてそれぞれ半量でいいと思います

  • 「オイシックス」宅配のサツマイモ 約400 g
  • ブナシメジ 一袋
  • お米 4合
  • みりん 50 cc
  • 白だし 50 cc
  • しょうゆ 100 cc

うちでは使っているだしはこれです。お味噌汁や煮物などいろいろな料理にも使えて重宝しています。

<作り方>

1.お米4合をといで,ざるにあげます。

2.サツマイモをよく洗い,1 cm角ぐらいの大きさに切ります。切ったサツマイモは水をはったボウルに入れておきます。

3.1のお米をお釜に入れ,みりん50 cc,白だし 50 cc,しょう油 100 ccを加えてから,水を入れてお釜の4合の線に合わせます。お釜の中を軽く混ぜ合わせます。

4.2のサツマイモをざるにあげ,水を切ってから3のお釜に入れます。

5.ブナシメジの株を切り取り,1本ずつばらしながら,お釜の中に入れます。

※ 以前はブナシメジを洗っていましたが,調べてみるとその必要はないそうですね。洗うと旨みが逃げてしまうそうです。洗う手間が省けました。

6.炊飯器で「炊き込みご飯」を選んで炊飯のスイッチを押します。

7.炊きあがったら,軽く混ぜでできあがり。

こんなふうにサツマイモの炊き込みご飯は簡単に作れます。炊飯の時間を除けばずいぶん時短料理ですよね。特にコツとかはありませんが,好みに合わせて調味料の量は変えてください。これからサツマイモの季節。どうぞ作ってみてください。

おいしっくすのお試しセットの入っていたサツマイモ

さてそれでは,おいしっくすのお試しセットに入っていたサツマイモの食べレポです。が,最初に書いたように残念ながらこの炊き込みご飯では,サツマイモ自体を味わうことができませんでした。確かに,ホクホクしておいしかったのは間違いないです。ふかして食べれば,スーパーで売っているものとの違いが分かったかもしれません。失敗失敗。

おいしっくす「大地を守る会」のお試しセットは1,980円なのでとりあえず取り寄せても損をする内容ではありませんでした。よかったら試してみてください。

旬の美味しい食材を厳選! 大地宅配の「お試し野菜セット」

うちの常備菜「サツマイモのオレンジ煮」

オレンジジュースを入れて煮込むだけ。簡単に作れるのに,オレンジの酸味がきいてとってもおいしい!サツマイモは健康にもいいし。色もきれいな黄色で食欲をそそります。
焼き芋にしてもふかし芋にしても,サツマイモが好きでなかった息子もいつの間にか,このオレンジ煮が好物になっていました。
一鍋分作って,常備菜にしています。おかずのプラス1品に,お弁当のおかずにと大活躍です。時季外れで手に入らなかったのがようやく出回ってきたので,早速作りました。
調理時間は30分くらいかな?

<使った材料>

  • サツマイモ(細めのもの3本600 gぐらい)
  • 100%オレンジジュース(コップ1杯200 cc)
  • 砂糖(大さじ3)

<作り方>

1.サツマイモの皮をピーラーでむきます。
(むかなくてもいいんしょうけど,きれいに洗うより簡単なので・・・)

2.サツマイモを厚さ7 mmぐらいの輪切りにします。なべに水を入れて,その中に切ったサツマイモを入れます。

3.サツマイモを全部切り終わったら,なべの中のサツマイモを一度ざるにあげ,再びなべに入れます。

4.サツマイモがぎりぎりつかるくらいまで水を入れます。さらにオレンジジュースコップ1杯ぶんと砂糖大さじ3杯ぐらいを加えます。
(オレンジジュースはもう少し多めのがいいかも?)

5.IHクッキングヒーターの火加減「5」で加熱します。

6.5分くらいすると沸騰するので,火の強さを「2」(とろ火~弱火?)にしてタイマーを15分にセットします。
(このとき火が強いと煮崩れしやすくなります)

7.スイッチが切れたら,サツマイモをタッパに取り出します。

8.煮汁を半量になるくらいまで煮詰めます。
(だいたいIHクッキングヒーターの火加減「5」で10分くらい)

9.煮詰めた煮汁をタッパに入れてできあがり。

冷蔵庫に保管して,3日くらいで食べきってしまいますが,5日は持つと思います。
はじめのころは,オレンジや,ミカンの皮をむいてスライスしてサツマイモと一緒に煮込んでいたのですが,最近はオレンジジュースで代用しているので,かなり簡単になりました。
調理時間は30分くらいと長いですが,ほとんどが煮込む時間なので,その間いろいろなことができます。これで1種の時短をしています。