これはいい!低温調理で「煮豚」を作ってみました!調味料は少なくてムダがない!そして思った通りやわらかくて美味しい!

「煮豚」を作るとき,お肉が固くなったり,味がよくしみてなかったりすることがあるのがちょっとした悩みでした。

そこで,この頃はまっている低温調理で,煮豚を作ったら,蒸し鶏のようにやわらかくて味のしみたおいしい煮豚になるので・・・?

ということで,肩ロースのネット入りブロックが安売りしていたので,お正月の前に試しに作ってみました。

できあがりは・・・。思った通り,やわらかくて味がしみていておいしくできあがりました。

調味料も,普通に鍋で煮るとたくさん使いのでもったいないなあ,と思っていたのですが,これならすごくすくなくてすみます。

これはいい!

今年のおせちの煮豚はこの「低温調理の煮豚」で作ることに決めました。

調理時間は1時間くらい。でも手間はほとんどかかりません。

<使った材料>

  • 豚肩ロースブロック 約300 g
  • Ziploc 1袋
  • 水 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ1
  • ねぎの青い部分 適量

<作り方>

1.大鍋に水を入れて,加熱します。

2.ネギ1本の青い部分だけを水洗いして適当な大きさに切ります。

3.Ziplocに,1のネギ,水大さじ1,砂糖大さじ1,塩小さじ1/2,しょうゆ大さじ1を入れます。

4.Ziplocにさらに豚肩ロースをブロックのまま入れて,空気を追い出しながらチャックを閉めます。

5.鍋の湯温が60℃になったら,4のZiplocを袋ごと湯の中に入れ鍋にふたをして,そのまま30分(IHクッキングヒーターの火力が一番弱い)とろ火で加熱します。

6.途中湯温が60 ℃くらいであることを確認します。

7.30分加熱したら,その後,鍋に入れたまま,さらに30分おきます。
☆ 今回は,この後,冷蔵庫で一晩おいてから食べました。

最初にお湯を沸かして60℃くらいになるまでの間に,Ziplocの中に調味料とブロックの豚肉を入れて時短します。お湯が60℃になったら,Ziplocを入れて,タイマーをセットするだけ。手間はかかりませんが,調理時間は1時間くらいかかります。

おうちで簡単に作れるおせちのレシピをまとめてみました

もうすぐお正月ですね!

おせち料理をぜーんぶ自分で作るのは大変ですが,簡単なものだけでもいくつか用意するようにしています。

うちでは,その他に子どもたちが大好きなかまぼこを買ってきて,重箱に入れてお正月らしくしています。

今回は,これまでにアップした記事の中からそんなおうちでつくるおせち料理をまとめておくことにしました。

そろそろ,以前自分がどんな料理を作ったか,忘れていることが多くなってきたので,おせち料理の備忘録です。

1.煮豚

まずはメインの一品となる「煮豚」です。

Ziplocに豚肉と調味料を入れて,お湯をはったお鍋で約1時間。味を染みこませるため一晩。

調理時間そのものはかかりますが,手間はほとんどかかりません。

レシピはこちら→Ziplocで無駄なく簡単「煮豚」

ところで,最近はまっている低温調理で作ったら,とても柔らかく仕上がりました。

このレシピはまだ記事にしていないので,そのうちに書きますね。

クラシルのサイトでは「レンジで簡単 豚チャーシュー」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。そのうちこれにも挑戦してみたいです。

料理レシピ動画アプリ『クラシル』を知っていますか? 32,000件を超えるレシピから、料理や献立のアイデアが見つかる、無料の料理レシピ動画アプリです。 スマホにダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか?

2.芋きんとん

うちのきんとんは,サツマイモとりんごで作ります。子どもが栗は好きでないようなのでいれません。

バターもちょっと入れるので,とってもおいしいスイーツのような「芋きんとん」です。

レシピはこちら→おせちにも使える「芋きんとん」

3.伊達巻き

以前は,伊達巻きなんてどうやって作るんだろう?難しいんだろうな,と思っていました。

妹は料理が上手なのでおせちには作っているようですが,自分にはムリ!と思い込んでいました。

でも,記事に書いたこのお手軽伊達巻きなら,otosanにも作れました。

買ってきたものほどではありませんが,何といっても安くできるのが魅力です。

レシピはこちら→おうちで簡単「伊達巻き」

4.煮卵

煮卵も子どもたちに人気の一品です。

煮豚と一緒に作ってしまう手もあります。

レシピはこちら→時間をかけて作ってみた味は?「豚バラ肉の煮豚

久しぶりに「おうちナポリタン」を作りました!手間は少しかかるけど野菜たっぷりだし,やっぱりおいしい!

夜帰りが少し遅くなってしまったのですが,ご飯を炊いてもらうつもりだったのが,連絡の行き違いでご飯が炊いてない!

今更ご飯を炊いている時間はないし,どうしよう!と考えて思いついたのが「おうちナポリタン」!!!

家庭菜園で獲れたパプリカが豊作でまだ冷蔵庫にたっぷりとあるので,使わなくちゃなーと思っていたので,いいタイミングでした。

ということで,早速パプリカを刻んでフライパンで炒め始めました。お

湯を沸かしてパスタを茹でて・・・。

実は,塩を入れるのを忘れてしまったのですが,それでも久しぶりの「おうちナポリタン」はとってもおいしかったです。

今度は塩を入れるのを忘れないようにしなくちゃ!

調理時間は20分くらいかな?

料理レシピ動画アプリ『クラシル』を知っていますか? 32,000件を超えるレシピから、料理や献立のアイデアが見つかる、無料の料理レシピ動画アプリです。 スマホにダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか?

このクラシルではナポリタンの作り方が動画で見られます。

<使った材料(4人分)>

  • パスタ 400 g
  • パプリカ 赤1個
  • パプリカ 黄1個
  • 玉ねぎ 中1個
  • ケチャップ カップ約1/2
  • ウィンナー 6本入り1袋(ベーコンにしたかったのですがなかったので代用です)
  • サラダ油 大さじ1×3
  • 塩 小さじ1(今回は入れ忘れてしまいました)

<作り方>

1.大鍋にたっぷりお湯を沸かします。

2.パプリカを水洗いして,幅5 mmくらいに切ります。

3.フライパンにサラダ油大さじ1を入れて,IHクッキングヒーターの火力「5」中火にして,1のパプリカを加えて炒めます。

4.玉ねぎを幅1 cmくらいのくし切りにしてフライパンに加えます。
☆途中ときどきフライパンの中身を混ぜます。

5.ウィンナーを斜めに切ってフライパンに加えます。

6.フライパンにケチャップ約カップ1/2,塩小さじ1を加えて,全体をよく混ぜ合わせながら炒めます。

7.そろそろお湯が沸くので,パスタ400 gを鍋に入れます。
☆今回はゆで時間7分のものでした。

8.途中様子をみて火力を少し弱めながら,6の後,5分くらいフライパンの具材を炒めます。
☆ 我が家のおうちナポリタンは,具材をよーく炒めます。

9.フライパンの中身を皿に移して, キッチンペーパーでふいてから,フライパンをサッと洗います。

10.パスタのゆで時間が終わったら,ザルにとって水を切ります。

11.フライパンにサラダ油大さじ1を加えて,ザルにとったパスタの半分を入れて,1分ほど軽く炒めます。

12.皿に移した具材の半分をフライパンに加えて,全体を混ぜ合わせながら2分くらい炒めたら,皿に取り分けてできあがりです。

13.9~12をくり返して残りのパスタを具材を炒め合わせて4人分ができあがりです。

よく炒めたいものから刻んで順次フライパンに炒めながら加えていくことで時短しました。もちろんその間に,お湯を沸かしてパスタを茹でます。少し手間はかかるけど,やっぱりおいしいので,たまーに食べたくなりますね。