フライドチキンを「低温調理の蒸し鶏」で簡単に作っちゃおう!

この頃 「低温調理の蒸し鶏」にすっかりはまっています。

鶏ムネ肉を特売しているときに買ってきて,料理の合間を見ては「蒸し鶏」を作っています。

鍋に60℃くらいのお湯2Lくらいを沸かして,調味液と鶏ムネに気を入れたZiplocを袋ごとお湯に入れるだけなので,その日の料理の終わり頃作っておきます。

そして,冷めたら冷蔵庫にしまっておいて,翌日は「蒸し鶏」で何を作ろうかな?とレシピを考えます。

サラダ?ごまだれをかけて食べようかな?それともよだれ鶏に?など「蒸し鶏」はいろいろ使えますが,今回はフライドチキンにしました。

以前。このブログでフライパンで作るフライドチキンを紹介しました。

ただ,鶏肉料理は中までしっかり火を通ってないと心配なので,このフライドチキンも時間がかかります。

でも,「低温調理の蒸し鶏」を使ってしまえば,すでに調理済みだから衣さえきちんと揚がっていればOK!

できあがったフライドチキンを食べた子どもはナゲットだ,といっていました。確かにナゲットに似たできあがりでした。

調理時間は15分くらいかな?

<使った材料>

  • 鶏ムネ肉の「蒸し鶏」( 調理済み のもの) ムネ肉1枚 約350 g
  • 強力粉 大さじ3
  • 粗挽き黒コショウ  小さじ1
  • 卵 1個
  • 塩 小さじ1/2 

<作り方>

1. 4.天ぷら鍋に油を入れて180°に設定します。

2.ボウルに卵2個,粗挽き黒コショウ小さじ1,塩小さじ1/2,強力粉大さじ3を入れ,混ぜ合わせます。

3.「蒸し鶏」を適当な大きさに切ります。

4.2の鶏肉を1のボウルに入れて,よく衣をつけます。

5.天ぷら鍋に鶏肉を入れて,約2分くらいで衣がからっと揚がったらできあがりです。

作り置きの「蒸し鶏」を使うことで時短をしました。クリスマスなどホームパーティも増えてくる季節。フライドチキンをお手軽に作るならいかがでしょうか?

最高級!誕生日ケーキを全国宅配【カサミンゴー】