グリルパンで「焼き栗」にチャレンジ!おいしくできました。

去年の今頃,小澤栗園に初めていってすごくおいしい「焼き栗」の出会いました。それほど近くではないので,今年は行く機会がありません。

でもせっかく栗の季節だから「焼き栗」を食べたい!

我が家ではこれまで,煮た栗が食卓にはよくのぼりましたが,おいしく栗を煮るのはなかなか難しいと感じています。ホクホクしないで,べちゃっとした感じになったりすることがあります。

そこで今回はどうせなら「焼き栗」にチャレンジしてみようと思いました。

「グリルパン」ならおいしい焼き栗ができるんじゃないかなという予感があったからです。

栗も焼き芋と同じように,一気に高温にして火を通す要理はジックリ火を通した方が甘くおいしくなるようです。

オーブントースターで作る方法もネットでは紹介されていますが,グリルパンなら焼き芋と同じような焼き方で栗にもジックリ火を通せるはず。

ということで,作ってみたところ,ホクホクとおいしい「焼き栗」ができあがりました。

小澤栗園のように渋皮煮割れ目はできなかったし,味も足下にも及ばないとは思いますが,いつものように煮るよりははるかにおいしくできました。

簡単なので,よかったら作ってみてください。

<使った材料>

・栗 ネット1 袋

<作り方>

1.栗を軽く水洗いして,キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

2.グリルパンに栗を並べて入れます。

3.魚焼きグリルはあらかじめ1分くらい加熱しておきます。

4.グリルパンを魚焼きグリルに入れて,弱火で8分加熱します。

5.そのまま10分放置して,再び弱火で8分加熱します。

6.しばらく(10分くらい)そのまま放置したらできあがりです。
※ 焼きたての栗は熱いのでやけどに気をつけてください。

7.食べるときは,包丁で半分に切って,スプーンですくうと食べやすいです。

時短料理ではありませんが,手間はあまりかからないと思います。できあがりはホクホクしておしいい「焼き栗」です。

おうちCO-OPでは,ただいま「あらびきぽーくウィンナー」や「こだわりプリン」など6品無料お試しキャンペーンを実施しています。神奈川,山梨,静岡にお住まいの方限定のキャンペーンです。お試ししてみたいけど,住まいが違うので残念です。

無料お試しキャンペーンの申し込みはこちら↓

おうちCO-OP無料お試しキャンペーン

低温調理でぱさぱさしなくてしっとりおいしい「鶏ムネ肉の蒸し鶏」

鶏ムネ肉は健康面からなるべく摂りたいものですし,家計にも優しい食材ですね。

ただ,悩みなのがぱさぱさと固くなってしまうところ。

これに困らない料理はいくつかありますが,半年くらい前にラーメン屋さんで食べた低温蒸し鶏が衝撃的なおいしさだったので,おうちで作れないかな?とずっと考えていました。

いくつかの料理系サイトを参考にして,試行錯誤して,まずまずの鶏ムネ肉で作る「蒸し鶏」が作れるようになりました。

そのままいただいてもおいしいですし,お肉をさいてごまだれソースをかけてサラダチキンのように使うこともできます。特によだれ鶏風にしていただくのが今とっても気に入っています。

otosanはもちろん大の気に入りですが,こどももおいしいといって食べてくれます。

作り方は,調味料を入れたZiplocに鶏ムネ肉を入れ,大きな鍋に沸かした適温のお湯の中にZiplocごと入れて,適温を保てるくらいのとろ火で30分位加熱した後,そのままさらに30分放置するだけです。詳しくは下のレシピをご覧ください。

適温は55℃以上65℃の範囲でお好みの温度を見つけてくださるといいと思います。otosanは60℃くらいがいい感じです。

なお,この低温調理法の場合,食中毒が心配になるかと思います。いろいろと調べてみましたが,55℃で60分加熱をすれば,ほぼその心配はないようです。

なお,厚生労働省の指針では中心部の温度が63℃で30分以上加熱となっているようでです。

ただ,この調理法だと温度管理を完璧に同一にはできないので,どうしてもできあがりの固さが毎回少し違ってしまいます。この温度管理を完璧にしたいときは,BONIQなどの低温調理器を購入するとよいと思います。


BONIQ欲しいなあ!

<使った材料>

  • 鶏ムネ肉1枚 約 300 g
  • 砂糖 大さじ1/2
  • 塩 小さじ1/2
  • 水 大さじ1
  • Ziploc 中1枚

<作り方>

1.お皿に砂糖大さじ1/2,塩小さじ1/を入れて大さじ1の水を加えて,電子レンジで10秒くらい温めて溶かします。

2.Ziplocにお皿の中身を写します。

3.鶏ムネ肉の皮を取り除きます。

4.鶏ムネ肉をZiplocの中に入れて,空気を押し出しながらジッパーを閉めます。
※空気がたくさん残っていると,お湯の中で浮いてしまい十分加熱できなくなるので,なるべくしっかり抜きましょう。

5.大きな鍋に,お湯を沸かして60℃くらいになったら,Ziplocごと鍋に入れてふたをします。

6.ときどき湯温をみながら,好みの温度を保つように火力を調節します。
※わが家のIHクッキングヒーターの場合,最小にしてふたをしておくとほぼ温度を保ってくれます。

7.30分ほど加熱して,その後はふたをしたままさらに30分放置したらできあがりです。

8.お肉をスライスしてそのままいただくいてもおいしいです。柔らかくてお肉が味がしてジューシーです。塩味もきちんとついていました。

ちなみに55℃くらいだと,ピンク色で少しナマっぽく見えますが,とてもやわらかくてジューシーです。温度が上がるにつれてお肉のパサパサが少しずつ出てきます。それでも十分柔らかいしジューシーです。

温度を変えながら何回か作ってお好みの温度を見つけてみてください。

包丁も使わないし,袋に入れて加熱するだけの簡単調理です。時間はかかりますが,手間はほとんどかかりません。なお,この記事では調味料を初めお皿でとかしましたが,Ziplocの中に砂糖,塩にお水を加えて,袋を少しふるだけでもOKです。また,加熱後に皮を取る方が簡単です。皮が好きな方はそのまま食べてもOK!なお,袋に残った汁に鶏の出汁が出ているので,スープにするとおいしいですよ。

料理レシピ動画アプリ『クラシル』を知っていますか? 32,000件を超えるレシピから、料理や献立のアイデアが見つかる、無料の料理レシピ動画アプリです。 スマホにダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか?

料理レシピ動画アプリ『クラシル』

レンジで簡単調理!「鶏モモ肉で作るネギごま油ソースがけ蒸し鶏」

この頃少し「蒸し鶏」にはまっています。この間,電子レンジで「ネギごまソースがけ蒸し鶏」を作りました。とっても簡単でおいしかったので紹介します。

鶏肉はときどき特売がありますね。そんなときに購入したもので,さっと作れるのがこのメニューのいいところです。

ごまの香ばしい香りが食欲をそそり,ネギとしょうがのさっぱりした味が箸を進めてくれます。

調理時間は15分くらいかな?とても簡単に作れます。

<使った材料>

  • 鶏もも肉 1枚(約350 g)
  • ねぎ 1本
  • 白ごま 大さじ1
  • おろししょうが(チューブ入り) 約小さじ2
  • 本みりん 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • ごま油 大さじ1 

<作り方>

1.鶏もも肉の厚い部分に包丁で少し切り込みを入れて,耐熱ボウルに入れます。

2.ネギの青い部分としょうが約小さじ2を鶏肉の上に載せ,本みりん大さじ1を回しかけます。
※本みりんのかわりに料理酒でもよいです

3.ボウルにラップをふんわりとかけて,電子レンジで6分加熱します。
※加熱後はそのままおいて粗熱を粗熱を取ります。

4.ネギの白い部分を細かく刻みます。

5.鶏肉をボウルから取り出して,食べやすい大きさに切ります。
※ボウルに残った汁は使うので捨てないでください

6.ボウルに残った汁に,しょうゆ大さじ2,ごま油大さじ1,しろごま大さじ2,刻んだネギを加えてよく混ぜ合わせます。

7.鶏肉に6のネギごまソースをかけたらできあがりです。

初めに鶏肉に切り込みを入れなければもっと簡単になりますが,中まで十分加熱するためにはやって置いた方がいいと思います。その他はほとんど手間がかからないとっても簡単な料理です。レンジで加熱している間にスープの用意をしました。

特に鶏肉をレンジでチンしたときに出た汁が思った以上に多かったので,少し薄味になりました。使う汁は半分くらいでよかったと思うので,この汁をスープに入れれば鶏だしスープが作れると思いました。

料理レシピ動画アプリ『クラシル』を知っていますか? 32,000件を超えるレシピから、料理や献立のアイデアが見つかる、無料の料理レシピ動画アプリです。 スマホにダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか?

ダウンロードはこちら↓

料理レシピ動画アプリ『クラシル』

こんなお酢、見たことない!?/沖縄 健康長寿の秘訣【ちゅら花】