買い物ができないくらい忙しいときの強い味方!すぐ作れておいしい中華名菜シリーズ!今回は「酢豚」を作りました

仕事が忙しい日が続いてなかなかスーパーで買い物ができない日が続くことがあります。そんなときの強い味方が中華名菜シリーズ。特売のときに買っておいて冷蔵庫に何種類かストックしておくようにしています。賞味期限が1ヶ月くらいはあるので,結構長い期間おいておけます。今回は「酢豚」を作りました。タマネギがあればすぐ作れる!と書いてあるとおり,タマネギだけすぐ作れます。簡単な割には,おいしいのがうれしいところです。子どもたちもぱくぱく食べてくれます。
調理時間は10分くらいかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本ハム 中華名菜 酢豚245g 6パック
価格:2322円(税込、送料別) (2019/4/20時点)


<使った材料>

  • 中華名菜シリーズ「酢豚」
  • たまねぎ 1個
  • ピーマン 2個
  • サラダ油 大さじ1

<使った材料>

1.タマネギの皮をむいて,上と下を切り落として,くし切りにします。

2.ピーマンを水荒らししてから,ヘタの部分を切り落として,2つに切って種を取り,さらに一口大にカットします。

3.加熱前のフライパンにサラダ油大さじ1を入れます。

4.フライパンに中華名菜「酢豚」の中に入っている「具」をフライパンに入れます。さらに玉ねぎとピーマンも加えます。

5.IHクッキングヒーターの火力「5」中火で4分くらい炒めます。
※ パッケージの作り方には強火と書いてあるのですが,IHクッキングヒーターでフライパンを使うときには中火以下で使用するように書いてあります。どうするか悩むのですが,フライパンの寿命を伸ばすために,中火の指示を優先しています。

6.全体に火が通ったら,中華名菜の袋の中に入っている「ソース」を加えてさらに1分くらい炒めたらできあがりです。

中華名菜シリーズは本当に簡単に作れて時間もかからないので便利です。IHクッキングヒーターの火力を上げればもっと早くできるとは思います。

豚こま肉で「肉うどん」。初挑戦の割にはまあまあおいしくできました。

ご飯が炊いてなかったので,ちょうどアウトレットで買った激安の讃岐うどんの乾麺の出番がきました。ついでに特売で買った豚こま肉があったので,「肉うどん」に初挑戦してみることにしました。初めてなのでちょっと手際が悪く少し時間がかかりましたが,まずまずおいしいできあがりに満足しました。子どもたちも喜んで食べてくれました。ただ,こま肉は少し固くなるので,肉うどんに入れるときはバラ肉の方がおいしくできそうだと思いました。次はバラ肉で挑戦してみたいと思います。
調理時間は20分くらいかな?

<使った材料(四人分)>

  • 讃岐うどん(乾麺) 400 g
  • 豚こま肉 300 g
  • 長ネギ 1本
  • カットぶなしめじ 1袋 50 g 
  • 乾燥わかめ 適量
  • しょうゆ(肉の炒め用) 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • サラダ油 大さじ1
  • しょうゆ 150 ml
  • みりん 50 ml
  • 白だし 大さじ3

<作り方>

1.大鍋にたっぷりと水を入れて加熱します。

2.長ネギ1本を薄く切ります。

3.鍋のお湯が沸騰したら,讃岐うどんの乾麺400 gを入れ,13分間茹でます。
※麺同士がくっついてしまわないように,ときどき箸でほぐします。

4.フライパンにサラダ油大さじ1を入れ,豚こま肉を炒めます。

5.ある程度火が通ったら,砂糖大さじ2,しょうゆ大さじ2を加えて炒めます。

6.全体に火が通ったら,皿に取ります。

7.大きめの鍋に,水1200 ml,しょうゆ150 ml,みりん50 ml,白だし大さじ3を加えて加熱します。

8.3のうどんが茹で終わったら,ザルにあげて流水にさらします。

9.7の鍋が沸騰したら,8のうどんを入れて煮込みます。

10.ぶなしめじを加えます。
※予定ではうどんの前にぶなしめじを入れるつもりでしたが,間違えて逆になってしまいました。

11.鍋が沸騰したら2さらに2分くらい煮込んで火を止めます。

12.うどんと汁をお皿に入れ,その上に6の豚こま肉の生姜焼き,薄切りにした長ネギ,乾燥わかめを盛り付けてできあがりです。

乾麺を使ったので茹でるのに時間がかかりました。生麺を使えばもっと時短ができると思います。


おみやげの山梨の郷土料理で具だくさん「ほうとう」を作ってみました。

上の子が,友達と富士急ハイランドに日帰りで遊びに行ってきました。そのおみやげが山梨の郷土料理である「ほうとう」でした。春になってきましたが,少し寒かったので温かいものが食べたかったので,ちょうどよく,この「ほうとう」を作ってみました。作り方に書いてある水の量が多いよなあ,と思いながら,分量通りに作りましたが,やっぱりもう少し味が濃い方がおいしかったと思います。それでも,子どもたちには初めての「ほうとう」。面好きの二人は喜んでおいしいと食べていました。
調理時間は20分くらいかな?

<使った材料(4人分)>

  • おみやげの「ほうとう(生)」4人前
  • ニンジン 1/2本
  • ジャガイモ 2個
  • カボチャ 1/4個 
  • 白菜 3枚
  • ネギ 1本
  • 冷凍油揚げ 約 100 g
  • 冷凍鶏だんご 8個

<作り方>

1.大鍋に水2400 mlを入れて加熱します。
※パッケージのレシピ通りに入れたのですが,水2000 ml位でよかったと思います。

2.ニンジン1/2本を乱切りにして鍋に入れます。

3.ジャガイモ2個の皮を剥いて一口大に切って鍋に入れます。

煮えにくいものから順に入れていきます。

4.カボチャの皮を剥いてから,一口大に切って鍋に入れます。


5.沸騰したら,麺を袋から取り出して入れて3分間煮込みます。

6.白菜を適当な大きさに切り,芯の部分を先に鍋に入れます。

白菜の柔らかい部分はザルにとっておいて後から入れます。

7.麺を3分煮込んだら,ネギ1本を厚さ1 cm位に斜めに切って鍋に入れます。

8.さらに冷凍鶏団子,冷凍油揚を鍋に入れてから4分間煮込みます。

9.4分間煮込んで具材に火が通ったら,お土産についてきた「調味味噌」を入れてさらに5分間煮込んだらできあがりです。

麺が太いので煮込むのに時間がかかります。その間に野菜を切って順に入れていけばよいので,これ以上時短するとしたら,麺をレンジでチンしてみることでしょうか?ただ,それでおいしくできるかどうかはやってみないと分かりません。こんどほうとうを作る機会があったらトライしてみます。