今日はカレールウで「カレー鍋」!〆はチーズを入れてリゾットでいただきました

冬はやっぱり温かい鍋。料理も簡単なのがいいですねー。鍋の汁を何味にするかで飽きないようにしていますが,そのローテーションの1つがこのカレー鍋。特別なものは使わずに,普通のカレールウを使っています。スーパーで安売りしているときに,銘柄にこだわらず買っておいて,こういうときに使うようにしています。具をいただいた後の〆は,残りの汁にご飯を入れて,チーズをのせて煮込んでリゾットにしていただきます。このチーズカレーリゾットが子どもたちに人気です。
調理時間は20分くらいかな?

<使った材料>

  • 豚もも肉スライス 約250 g
  • にんじん 1/4本 約50 g
  • たまねぎ 1個
  • ブナシメジ 1パック
  • キャベツ 1/4個 約300 g
  • 豆腐 1丁
  • カレールウ 2個
  • しょうゆ 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 白だし 大さじ1
  • ごはん 1.5合
  • スライスチーズ 3枚

<作り方>

1.お鍋に水約600 mlを入れ,しょうゆ大さじ1,みりん大さじ1,白だし大さじ1,カレールウ2個を加えて,中火で加熱します。

2.タマネギの皮を剥いて,くし切りにします。

3.ニンジンを厚さ1 mm位の薄切りにします。
※ニンジンが一番火が通りにくいので薄く切ります。

4.キャベツを適当な大きさに切ります。

5.ルウをよくとき混ぜます。

6.鍋が沸騰したら,ニンジン,タマネギ,ブナシメジを加えます。

6.再び沸騰したら,豚スライス肉を加えます。
※このとき,1枚ずつバラして加えないと,お肉同士がくっついてしまうので注意

7.豆腐を一口大に切って鍋に加えます。

今回は男前豆腐を使ってみました。おいしかったです。

8.キャベツを加えて蓋をします。

9.再び沸騰してから,3分ほど煮込んでできあがりです。

10.鍋の中身を取り終わったら,ごはん1.5合を鍋に入れて,その上にスライスチーズ3枚をのせて,加熱します。
※ピザ用チーズがなかったのでスライスチーズを使いました。

11.約3分ほど加熱したらチーズリゾットのできあがりです。

鍋を加熱しながら,火が通りにくい具材から適当な大きさに切って,鍋に加えていくと時間が有効に使える気がします。鍋料理は,簡単で野菜もたくさん摂れし,寒い冬にはぴったりです。

おうち鍋に飽きたら,通販で鍋料理を手に入れるのもいいと思い,いいなあと思うものをブログにまとめてみました。よかったらご覧ください。

寒い日はあったかお鍋!いろいろ鍋料理×ネット通販

お気に入りの料理お助け便利グッズ

普段,料理のと気に使っているお気に入りの調理器具・小物類をまとめてみました。料理が簡単になったり,時短できたり本当に助かるグッズで重宝しています。

1.グリルパン

以前からビルトインの魚焼きグリルで困っていました。魚を焼いた後の,魚をのせる網?や,油受けのトレイの手入れが大変だと思いませんか?こびりついた魚の脂や,焦げ付きを落とすので苦労していました。使ったら毎回洗えばよいのでしょうが,なかなか大変ですし,何回か使うと油や焦げ付きを落とすのにとっても苦労します。そう思っていたときに見つけたのが,グリルパン。魚焼きがとっても楽になりました。以前に比べて魚を焼く回数が増えました。魚を焼いた後,グリルパンにも焦げ付きや脂はつきますが,落とすのはずっと簡単です。もちろんトレイはほとんど汚れません。購入してから分かったのですが,グリルパンは,その他のいろいろな料理にも使えるところも大きなメリットです。魚だけではなく,グリルチキンやステーキだってOK。ブログにも書きましたが,プチアップルパイや焼き芋も作ってみました。特に焼き芋はとっても甘くておいしくできあがります。とってもいい調理器具に出会えました。


パール金属 グリルパン ブラック 25×17cm ハンドル付 角型 ウェーブ セラクッキング HB-4230

2.ののじ サラダおろし

下の子どもと,スーパーの売り場のモニターに見入ってしまい,つい買った「ののじ さらだおろし」。とっても使いやすいんです。何でかなー?と考えてみたのですが,普通のおろし器と違って,グリップを握るので,自分がおろしやすい角度でできるから,使いやすく感じるのかな?と思います。丸刃のブレードも軽く切れるポイントなのかもしれません。ホントにふつうのおろし器より軽く簡単に野菜の細切りができます。太さも両面で2種類選べるので,サラダのときは細い方,切り干し大根のときは太い方,と使い分けています。手入れもとっても簡単です。


ののじ おろし器 サラダおろし お手軽 ハンディタイプ LDS-01

3.ののじ キャベツピーラーライト

キャベツの千切りで困ったりしていませんか?ずいぶんと包丁で挑戦しましたがお店で出てくるようなふわっとした千切りはとうてい無理。包丁ではなく,ピーラーで千切りを作れば,少しはお店のようなふわっと感がしますね。さらにこの「ののじ キャベツピーラーライト」は上を行くふわふわ感が出るすぐれものです。そのポイントはぎざぎざした 刃。キャベツの繊維をしっかり捉えて,さくさくと千切りができます。ぎざぎざした刃でカットされたキャベツの断面は空気を膨らんでふわっと感が出る仕掛けです。すごいですね。使うときは,持ち手についた穴に指をかけることができるから,力がいらなくてとっても楽ちんです。キュウリのスライスにも使っています。キュウリにしっかり味がついていいと思います。お手入れも,水ですすぐだけなので,簡単です。


ののじ キャベツピーラー ライト グリーンイエロー CBP-02GY

4.ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー


ブラウン ハンドブレンダー ブラック/シルバーBRAUN マルチクイック7 MQ738

5.卵のからむき上手


パール金属 ミニミニ大作戦 からむき上手 C-3448

出来映えはそこそこ!?電子レンジで「粉ふきいも」を作ってみました

混ぜご飯とけんちん汁にしたのはいいけど,お膳が少しさみしいな,と思い,何か副菜をが欲しくなりました。そこで,電子レンジで「粉ふきいも」にチャレンジしてみました。せっかく作り置きのけんちん汁と混ぜごはんの素でサッと作ることにしたので,手をかけずに済ませたかったのです。この間ブログにあげたように,普通に作る粉ふきいもはコツをつかんだのですが,レンチンだったら?ということです。作ってみた結果,粉の吹き方や味はちゃんと作ったほどではないものの,そこそこのものができあがりました。手軽さを考えれば十分納得の一品だと思いました。
調理時間は10分くらいかな?

<使った材料>

  • ジャガイモ 3個
  • 塩 適量
  • コショウ 適量

<作り方>

1.ジャガイモの皮を剥き,一口大にカットします。

2.1のジャガイモを耐熱ボウルに入れて,ラップをかけ,電子レンジで7分加熱します。

3.加熱が終わったら,ラップを半分開けて,塩とコショウを適量振りかけます。

4.再びラップをかけて,全体をよく振り混ぜます。
※熱いのでやけどに注意してください。

5.ラップを外して軽く水分を飛ばしたらできあがりです。

ちゃんと作った粉ふきいもには及ばないものの,十分「粉ふきいも」と呼べるものがレンチンでできることが分かりました。手間もかからず簡単で時短なレシピができました。ジャガイモが安く手に入る時期に活躍しそうです。

最大233,480円還元!そのうち最大105,000円キャッシュバック!【コミュファ光】